FC2ブログ
本とゲームのレビューと雑文が中心。

オートパーラーシオヤでハンバーガーを食す
レトロ自販機マニアには有名な、千葉県成田市の「オートパーラー シオヤ」に行って来た。

給食とか牛乳の話
まず前提として、ブログ主は1983年生まれの千葉県生まれ千葉県育ちです。
地域によっては定番給食メニューらしい「ソフト麺」の存在を社会に出るまで知りませんでした。

我が家のお雑煮
そろそろお雑煮の季節ですね、ということで我が家のお雑煮を紹介。
両親が同郷(千葉県の東の方)なので、微妙な違いはあるけれど違和感無く融合したようだ。
ちなみにベースになっているのは母方。父方はオリジナルだと餅と人参と薬味しか入っていないものだったらしい。

レインボーマンの替え歌
1983年生まれで、当時はレインボーマンなんて全く知らなかったが、小学生の頃に替え歌のようなものが流行った。
記憶では、クラスの友人が考案して広めていたはず。

以下がその歌詞。食事中の方にはおすすめしない。

 インドのさばく-くじらのたいぐん-うんこのかたまり-りんごのたべのこし-しっこのみずうみ-みみずのやきそば-ばばあのはなくそ 食べちゃった♪

元ネタを知らないから歌詞がフリーダム。まず山奥じゃなくて砂漠だし。
メロディは「ソーソミミレミー♪」をひたすら繰り返し、最後の行だけ「ソソソ ソ♪」。
また、本来の歌とは異なり、最初の音は延ばして歌う。
さらに「-」で結んだ文字は、実際には一音で発音する。
実際に歌うと「いーんどのさばーくーじらのたいぐんーこのかたまりーんごの…」となる。

なお、数年後に弟が覚えてきた替え歌は若干バージョンが異なる。
メロディは同じだが最初の音は延ばさず、原曲に近くなっている。以下に歌詞。

 インドの山奥出っ歯のおじさん骸骨しゃぶって死んじゃった♪

「おいびつ様」の謎
「どちら(どれ)にしようかな、○○様の言うとおり」の言葉とともに、順番に対象を指差す遊びがある。
Wikipediaでは「どちらにしようかな」の項目名が採用されている。

全国的なスタンダードは「天の神様の言うとおり」だと思われるのだが、僕が祖母から教えられたのは
「おいびつ様の言うとおり」だった。少なくとも小さい頃の僕にはそう聞こえた。

幼稚園や小学校でこれを口すると、誰もが「何それ?」という。
大人になっても謎が解かれないまま、というか思い出すことも無いまま過ごしていたわけだが、
先日、ふと気になって「おいびつ」を調べてみたら「お恵比寿」の訛りであることがわかり、謎が一気に解けた。

後で祖母に尋ねてみると、もともと「おいびつ」ではなく「おえびす」で良いとのこと。
どうやら幼少期の自分が聞き間違えていたらしい。
しかし「おえびすさまの言うとおり」で検索をかけてもヒットしない。
ローカルな歌詞(?)だったのか、そもそも祖母の勘違いだったのか。
可能性としては、同じ数え歌である「おえびす だいこく」との混同が考えられる。

---

ちなみに自分の地元の千葉県流山では、「下の句」が
「鉄砲撃ってバンバンバン、もひとつおまけにバンバンバン、あべべのべ」と続く。
これも全国的にバリエーションがあって、調べてみると面白い。
Copyright © 【かけるのブログ】. all rights reserved.