本とゲームのレビューと雑文が中心。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゲーム用語の辞書登録のススメ
MS-IMEやATOKといった日本語変換ソフトには、ユーザーが単語を登録できるという機能がある。性能の悪いワープロ専用機や、MS-DOS時代のワープロソフトを使っていた世代には常識の機能だろうが、最初から高度な変換システムを備えたOSが当たり前の世代だと使っていない人が多いような気がする。あくまで個人的な印象だが。

そこで、ゲームに関係する用語に絞って、自分なりに辞書登録のコツを紹介。
前提として、ユーザー辞書の切換は行わない。ゲーム用語専用の辞書を作って状況によってオンオフすることもできるが非常に面倒である。ゲームネタの書き込みを便利にしつつ、仕事や学業に影響を与えない辞書登録が望ましい。

まず守るべき原則は「読み仮名と入力文字は1対1で対応させる」という点。例えば「ff」→「ファイナルファンタジー」のような略語からの変換は勧められない。ファイナルファンタジー以外にも「ff」はあるし、何よりファイナルファンタジーに関する話題においても略語の方を用いる機会は少なくない。そもそもゲーム名などをフルで打ち込む機会は、普通あまり多くない。そのために通常の使用を阻害するのは愚と言える。

次に「一般的な用語と同じ読みはそのまま登録しない」こと。モンスターハンターには「強走」という概念があるが、これを「きょうそう」で変換可能にしてしまうと、「競走」を出したいときに邪魔をしてくる。この場合、例えば「強走薬」「強走状態」のように、ゲーム内に登場する熟語として登録するのが望ましい。

積極的に登録すべき単語とは何か。それは「そのゲームを語る上では頻繁に使う用語で、同じ読みの一般用語が存在せず、普通に変換するのは難しい」単語である。先のファイナルファンタジーで言うと「飛空艇(ひくうてい)」が代表格か。これは普通に変換しようとすると「ひ・くうてい」で文節が区切られ「飛空挺」と変換されることが多い。一見似ているので気付きにくいのが厄介。試しに「"飛空挺"」で検索してみよう。おびただしいページ数がヒットするはずだ。もう一つ誤変換しやすい代表例は「世界樹(せかいじゅ)」である。変換ソフトが「せかいじゅう」の間違いだと勝手に判断し「世界中」に変換されることがある。試しに「"世界樹の葉"」で検索をしてみると、やはり間違いがたくさん引っかかる。

少しの手間をかけるだけで快適なゲーム語りライフを約束し、恥ずかしい誤変換を予防できる辞書登録。面倒くさがらずにやってみよう。

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 【かけるのブログ】. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。