本とゲームのレビューと雑文が中心。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゲームレビュー:クロノ・トリガー(DS版)
クロノトリガーの決定版。


SFC末期に発売されたRPGをDSに移植。メニュー画面が大幅に変更されたことと、オープニングデモが削除されたこと以外はほぼ忠実にSFC版を移植。

まずは追加要素に関係ない、本来のクロノ・トリガーについて。

一言で言うと「FFを優しくした感じ」。属性は4系統に単純化され、状態変化はオマケ程度の存在になって戦闘をシンプル化。キャラ育成も、とにかく敵を倒せば単純に強くなるシステムで、ランダム要素や選択要素、取り返しのつかない要素は無し。パーティ外の仲間にも経験値が入るので急なメンバーチェンジにも対処しやすい。ATBによるリアルタイムバトルは4以降のFF同様だが、ゲージが溜まったキャラ全員のコマンドが同時に表示されるのでとてもわかりやすく、複数の仲間が同時に技を使う「連携」も可能になった。

ストーリーは時空を行き来するものだが、基本的にほぼ一本道の親切設計。物語終盤のフリーイベントではタイムパラドックス的な仕掛けが多くなるが、そもそも移動できる時代が限られてるので迷うこともない。極めつけはレベルやアイテムを引き継いでの「強くてニューゲーム」で、アイテムやイベントの取りこぼしをいくらでもフォローできる。

同時期のスクウェアのRPGと比較するとクセがない分だけ安定しているという印象。それだけに評価は地味な気がするが、全体的に粗が少なく完成度が高い。JRPGの一つの完成系としてどうぞ。

---

移植における追加要素について。まず最初の移植(PS版)から追加されたムービーについて。ドット絵のデモシーンをセルアニメに起こしたものだが、なんかキャラに違和感があったり(クロノの顎とか)、同じシーンをアニメとドットで連続で流したりするのが変なんだが、コンフィグでOFFにも出来るので気にならないだろう。PS版で悪評だった最後のムービーを、特殊なエンディングの後に「隔離」したのはポイント高い。

DS版の追加要素だが、これがかなり酷い。モンスター育成はリアルタイムで育てる必要がある上に、時の最果てに行くか、セーブしてタイトル画面に戻って闘技場に入らないと育成できないので非常にテンポが悪い。せめてセーブポイントから直接アクセスできれば良かったのだが。さらに苦労して育ててバトルに出しても賞品がしょぼい。特に闘技場限定のレアアイテムはコレクションのためだけに存在しているようなもの。1匹しか育てられない上に、苦労して育てても強くてニューゲームで初期化されるのも残念。通信対戦も可能だが、ほぼ駆け引きも何もないオート殴り合いなので対戦ゲームとして楽しめるかはかなり疑問。もっとも、完全なオマケ要素であり、プレイの幅を広げるという意味では評価できなくもない。特にゲーム序盤で越後屋の財布(獲得経験値をお金に換える、つまりレベルを上げずに進める)が手に入ることで極限低レベル攻略が可能になった。

追加ダンジョンも面白くない。まずRPGツクールのデフォルトパーツを切り張りしたようなダンジョンを何往復もさせる「竜の聖域」、ほとんどが既存ダンジョンと同じマップの「次元のゆがみ」。ボスは一部面白いけど、雑魚は弱い上に大量に沸き、しかも回避不可能な場所が多くてストレスが溜まるばかり。没曲の「歌う山」を復活させた事だけは評価。まあこれも無視しようと思えば無視できるし、アイテム収集やキャラ強化に利用できるのでゲームとして無駄ではない。ちなみに一部で不評のダルトン発言だが、あれは「自らネタバレすることでフラグを折る行為」だと解釈してる。追加エンディングとともに「クロス」ルートとの分岐を暗示する展開だろう。

DS版における追加要素で純粋に評価できるのは、コンフィグで英語モードに切り替えられること。元々、強くてニューゲームでイベント時のメンバーを変えたりしてセリフの変化を楽しめるが、英語モードの搭載によってこの楽しみが単純に2倍に増えた。日本版の直訳のようでいてそうでない所もあり。個人的には原始編のカタコトの再現が面白かった。

元々クロノトリガーのファン、あるいは発売当時やりそびれてしまったゲーマーには文句無しにおすすめ。今の人が楽しめるかどうかはよく分からない。

おまけ:アイテム収集覚え書き

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 【かけるのブログ】. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。