本とゲームのレビューと雑文が中心。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゲームレビュー:モンスターハンターポータブル
モンスターハンター第一世代の決定版。


本作は事実上PS2版の「モンスターハンターG」の移植版である。ストーリーの流れ(モンハンにストーリーなんか無い、と言う人は、村人のセリフを聞かない人である)や登場モンスター、クエスト内容はほぼ同一。アイテムの入手難易度が引き下げられたり、従来ではオンライン・オフラインで完全に別系統だった武器の派生ルートが統一されたりした。舞台となるのは「ココット村」。2ndGから始めた人でも名前くらいは聞いたことがあるのではないだろうか。

かく言う自分も2ndが初モンハンで、2番目にプレイしたのが本作。その時の感想を率直に書くと、まずアイテム周りが不親切だと感じた。アイテムボックスは最大で300枠しかなく、1枠にスタック可能な数は手持ちの時と同じ(例えば、落とし穴は1枠で1個だけ)、クリア報酬を直接アイテムボックスに送ることができず、持ちきれない分は捨てるしかない(売却もできない)。それでも、装備のマイセット機能が実装されたりして、PS2版よりは遊びやすくなっているのだが。

モンスターの強さはやや物足りないかも。初見ならまだしも、ランクが上がっても基本的に動作が変わらず、単に攻撃力と耐久力が増えるだけ。亜種も肉質と速度が違う程度なので面白みがない。慣れると上級のクエストでもそれほど苦労せずにクリアできるようになる。

一部の素材がやたらと手に入りにくいが、そもそもレア度の高い武器は極端な難易度のイベントクエスト向きか、さもなければコレクション用のものが多いので、普通に進行する分にはあまり気にならなかったりする。むしろ「このレア素材を使い切るためにあれを作ろう」等という本末転倒な事を何度も実行した。これもアイテム欄が少ないゆえか。全体的に作成難易度と実用性が釣り合っていない武器が多いように思えたので、ノーヒントだときつそう。

2ndGへの資金とチケットの引き継ぎも(2ndを経由して)可能。第二のキャラで始めるなら、シリーズの原点に触れる気持ちで1作目から順番にプレイしてみるのはどうかな?いずれにせよ、今なら格安で手に入る。狩猟の原点のココット村に遊びにおいで。

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 【かけるのブログ】. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。