FC2ブログ
本とゲームのレビューと雑文が中心。

【MTGA】スタンダード2020対応 レア無しの赤単アグロ

安くて強い赤単アグロ。MTGアリーナにおけるスタンダード2020のイベント対応、すなわち「ラヴニカのギルド」から「基本セット2020」までのカードのみを使用し、なおかつレア・神話レアを入れていない。

エルドレイン以降のスタンダードでもそのまま使用可能。低予算デッキの雛形として、アリーナのみならずリアルでも使っていこうと思っているので、以降のカードの考察も含めて備忘録的に記事を拡張。

以下、デッキレシピと概要。

ブリキ通りの身かわし 2
松明の急使 2
不気味な修練者 3
焦がし吐き 4
チャンドラの吐火 4
駆け回る物焦がし 3
供犠の仮面 3
ショック 4
立腹 3
ヤヤの挨拶 2
溶岩コイル 2
舞台照らし 4
災厄の行進 4
20

インポート用テキストはこちら

キーカードは《チャンドラの吐火》と《災厄の行進》。もはや原型が残っていないが、2020のプレインズウォーカーデッキ『炎の憤怒、チャンドラ』がベースだったりする。実際に使っていたデッキ(BO1ランク戦でダイヤ4まで上がった)では《炎の侍祭、チャンドラ》が1枚、《焼身のシャーマン》が2枚入っていたが、それらは必須のパーツではなく、試しに抜いてみても勝率はあまり変わらなかった。上記のレシピでも、ランク戦のプラチナくらいなら余裕で戦えると思う。

1マナクリーチャー枠

1マナかつパワー1、すなわち《災厄の行進》の誘発条件を満たす。《ブリキ通りの身かわし》《松明の急使》は速攻持ち。配分はお好みで。《不気味な修練者》は先制攻撃と死亡時の動員が強い。1ターン目に優先して出したいクリーチャー。《焦がし吐き》は単独でも《チャンドラの吐火》をサポートできたり、絢爛の条件を満たせる。温存したくなるが、使い捨て上等くらいの気持ちでいたほうが活かしやすい。

ジンジャーブルート》は《ブリキ通りの身かわし》と非常に近い役割を持つ。

火力枠

ショック》は非常に便利なので4枚必須。《ヤヤの挨拶》は占術、《溶岩コイル》はダメージと追放効果が強く一長一短。いずれもプレイヤーに撃てないのがもどかしく、スタン落ちする《稲妻の一撃》が惜しまれる。このレシピには入っていないが、同マナ帯では《チャンドラの螺旋炎》も悪くない。それら以上のマナコストを要求する火力はコンセプト的にやや重すぎるか。最初のうちは《チャンドラの憤慨》を入れていたのだが。

立腹

コンバットトリックや最後のひと押しだけでなく、敵の火力から守るためにも使える。《チャンドラの吐火》を《溶岩コイル》から守ったり、フライヤーとの相打ちを回避できるのが特に重要。以前はこの枠に《サムトの疾走》を入れていたが、速攻の付加を活かせる場面が思ったより少なかったので、より修正値の多いこちらを使用。《探索する獣》を討ち取れるようになるのは極めて大きい。

供犠の仮面

追加マナ不要でいつでも自爆できるのが強い。ショック内蔵の《燃えさし運び》もいいが、より汎用性が高いのはこちら。パワーが低いのも好都合。マナに余裕が出たら、より除去されやすい《焦がし吐き》あたりに付け替えると吉。終盤は2マナを1点に変換する手段にもなる。

駆け回る物焦がし

《災厄の行進》展開後であれば爆発的な奇襲性を持つ。やや重いので3枚は少し多すぎるかも知れない(序盤で《舞台照らし》で引くと無駄になる)。気になったら1マナゴブリンなどと入れ替え。ちなみに、敵に回したときは本体ではなくトークンのほうを優先して止めるのがコツだ。なぜなら、本体を墓地に落とすと《雷族の呼び覚まし》で釣り上げられてしまうため(にも関わらず、トークンをまとめて対処する手段のない赤ミラーでも本体を優先的に狙うプレイヤーが大多数である。なぜだ?)。

舞台照らし

《災厄の行進》《チャンドラの吐火》が出るまでは多少無理(討ち取られる覚悟で《焦がし吐き》を攻撃させたり、《供犠の仮面》で生贄にして本体に飛ばしたり)してでも絢爛で使っていきたい。マナが足りている限り、土地をプレイする前に使おう(この効果で引いてきた土地をプレイするため)。

ドローソースとしては1枚捨てて2枚引く《胸躍る可能性》という選択肢も。絢爛は無いが常に2マナ、引いたカードは手札に入るので時間制限がなく公開もされない一方、手札破壊されたりナーセットで止められたりする欠点もある。単純な性能以外では、リアルのカードでは《舞台照らし》はトップアンコモンとして高騰&品薄化しているので、安価で入手できるのが長所といえる。

災厄の行進

このデッキの最重要カード。基本的には焦って出さず、召喚酔いするクリーチャーを並べた後、攻撃するターンになってから置いたほうが良い。ただし相手が黒を含む場合《強迫》などで捨てられる恐れがあるので、なるべく先に出しておきたい。BO1だとエンチャント対策がされにくい傾向にあるが、白黒の場合は《屈辱》で壊されやすいので要警戒。

マリガンの基準

できれば「1マナクリーチャーと《災厄の行進》」「《焦がし吐き》と《チャンドラの吐火》」のどちらかは欲しい。そうでない場合、2ターン目に《舞台照らし》を撃てるなら許容範囲。

備考:その他の候補

初子さらい》は敵クリーチャーを奪うだけでなく自分のクリーチャーに速攻を与える手段として使える。用途が多い上に、特にミラーマッチでは効果的に働く。マナ・コストのXは0として扱われるので《ハイドロイド混成体》等も奪えるのがおいしい。

プレインズウォーカーの《無頼な扇動者、ティボルト》は方向性に合っている。1/1で死亡時にダメージを飛ばすクリーチャーを2体まで生成でき、立ってるだけでライフゲインを無効にできる。ただ、どちらかといえばサイドボード的でBO1だとやや微妙か。

2マナ火力として《心火》も有力。クリーチャーかプレインズウォーカーの生贄を必要とするが、もともと死亡覚悟で突っ込むデッキである。攻撃宣言後、《災厄の行進》で火力を飛ばした後に生贄に捧げるという手もある。上記のティボルトも燃料として良好。《投げ飛ばし》で吐火を投げるのも強力だが、他は小粒ばかりなので腐りがちなのが欠点。《初子さらい》との併用が望ましい。BO3なら《丸焼き》を4枚積みするのは言うまでもない。リスクはあるが《レッドキャップの乱闘》も1マナ火力としては非常に強力。

どちらかといえばサイドボード向けだが《静電場》との相性もいい。同じような役割で《どぶ潜み》を入れていた時期もあるのだが3マナは重い。

おまけ:もしレア以上を入れるなら

まず《炎の侍祭、チャンドラ》だろう。少なくとも《駆け回る物焦がし》のうち1枚はこちらにしたほうが強いと思う。2枚目以降も腐りにくい(トークンを出した後に2枚目を出す)のがポイント。

パワー1クリーチャー筆頭の《戦慄衆の秘儀術師》。1マナ呪文は多いので活用しやすい。こいつを入れるなら《立腹》の代わりに《サムトの疾走》かも。パワー+2でも3マナの《舞台照らし》を再利用可能。赤にしては珍しいタフネス重視(1/3)で、《ショック》に耐えるのも偉い。

焼身のシャーマン》はパワー/タフネスが同じ上記の代用品のような存在だが、終盤はバンプアップも使えるので、ぐだった時の突破力がある。誘発型能力(敵がクリーチャーか土地の能力を起動すると1ダメージ)はおまけみたいなもんだが、《チャンドラの吐火》を強化できるのが大きい(特に召喚酔いで立っている時など)し、たまに存在を忘れて自滅する人がいたりする。

《熱烈な勇者》は速攻と先制攻撃を併せ持つ。装備コスト軽減により《供犠の仮面》をタダで付けられるのも地味に強い。騎士のシナジーを活用しないと地味な性能なので、入れるなら4枚だろうか。

軍勢の戦親分》は一般的な赤単アグロにはよく見られるが、個人的には役割に対して3マナはちょっと重すぎるような気がする。持っていないというのもあるけど、あまり欲しいとも思わない。実際に使ってみれば変わるのかも知れないが。

上でも触れた《雷族の呼び覚まし》。墓地にあるタフネスが自身未満のクリーチャーを一時的に戦闘に参加させられる。ただし「攻撃している状態で戦場に出す」ので、攻撃した時に誘発する効果(《焦がし吐き》や《災厄の行進》)が誘発するわけではないので相性は微妙。通常のETB能力なら誘発するので《駆け回る物焦がし》ならトークンを出せるが、そのターンには攻撃できない。なお《立腹》を使えばタフネス3までのクリーチャー、すなわち《チャンドラの吐火》を釣り上げることができる。

朱地洞の族長、トーブラン》はあらゆる赤のダメージを2点追加する。早めに出すと除去されるので、できれば出したターンに勝負を決める形にしたい。

クリーチャーを並べるタイプのデッキなので《エンバレスの宝剣》も活用しやすい気もするが、どちらかといえばロマンの範疇だろうか。


コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 【かけるのブログ】. all rights reserved.