FC2ブログ
本とゲームのレビューと雑文が中心。

MTGアリーナ:プレインズウォーカーデッキのコード入力についての謎
結論から書くと「余剰分はVaultに反映される」「ギルド門は何故か(灯争大戦ではなく)"ラヴニカの献身"のものが使われる」である。
プレインズウォーカーデッキを購入したので、さっそくコードを入れることにする。せっかく入れるのだから、その前後でVaultがどう変化するのかを調べてみることにした。以下がその表である。
カード名/レア度 所持数 獲得数 余剰 vault換算
始源のワーム C 1 1 0  
灯の分身 R 1 1 0  
生命素ハイドラ R 0 1 0  
キオーラの堰破り C 3 2 1 0.1
開花の巨体 C 2 3 1 0.1
花粉光のドルイド C 1 3 0  
護法鱗のクロコダイル C 2 2 0  
マーフォークのスカイダイバー U 1 2 0  
ギルドパクトの密通者 C 0 4 0  
ジェイスの投影 U 0 3 0  
新たな地平 C 4 2 2 0.2
ジェイスの策略 R 0 2 0  
ビヒモスを招く者、キオーラ U 2 1 0  
ジェイスの勝利 U 0 1 0  
密かな任務 C 0 2 0  
連帯 C 0 2 0  
瀬戸際の勇気 C 0 2 0  
秘儀の策士、ジェイス M 0 1 0  
シミックのギルド門 C 0 4 0  
C 10 10
C 10 10
所持数は入力前に持っていた枚数、獲得数はデッキに含まれる枚数。「余剰分」とは4枚目以降のことで、所持数+獲得数-4で出す(0以下は0とする)。コモンであれば1枚ごとにVaultの進行が0.1%プラスされる。基本土地に関してはもともと所持数の概念が無いので0だろう。上記の表からすれば、Vaultは合計0.4%増えるはずである。

しかし、実際に増加したVaultの値は0.8%だった。残りの0.4%はどこから来たのか?!とりあえず獲得したデッキを眺めてみたら謎が解けた。「シミックのギルド門」が、どういうわけか「灯争大戦」ではなく「ラヴニカの献身」のものになっていたのだ

ギルド門サイクルは(現行スタンダードの範囲では)「ラヴニカのギルト」「ラヴニカの献身」のうちのどちらかに1枚ずつ収録されている。しかし、オルゾフとシミックの2つについては「灯争大戦」にも収録されている。これは同セットのプレインズウォーカーデッキ専用カードで、本来ならコード入力時にはそちらが追加されるべきなのだが、コレクション画面で見てみても0枚のままである。

収録セットがいずれであってもカードの機能(使える環境も含む)に違いはないし、デフォルトで4枚所持しているカードに4枚追加されることで確実にVaultの足しになるので、プレイヤーにとっては有利な仕様である。しかし、それだと「ラヴニカの献身」版のギルド門はいったい何のために存在しているんだろうか?と、ふと疑問に思ったので記事にした。

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 【かけるのブログ】. all rights reserved.