FC2ブログ
本とゲームのレビューと雑文が中心。

「アンブレラ音頭(茨城)」と「流山市民音頭」がそっくりな件
たまたま知った曲が、子供の頃から慣れ親しんだ地元の盆踊りの曲とそっくりだったので思わず記事にしてしまった。
経緯としては、まず映画「天気の子」を記念した新宿駅の展示の話から始まる。





これを見て、「青と黄色の傘を並べた芸術作品というのがあったよな」というのを思い出した。確か中学の美術の教科書で紹介されていたはずである。適当にぐぐると、クリストとジャンヌ=クロードによる「アンブレラ 日本-アメリカ合衆国、1984-91」という企画で、通称「アンブレラ・プロジェクト」と呼んだりするらしい。

さらにぐぐってみると、茨城ではこれに便乗した「アンブレラ音頭」なる盆踊りソングを作成・公開していたことを知る。



なんじゃこの便乗企画はwwwそんなことだから魅力度が万年最下位なんだぞwwwと、チバラキ県民の片割れとして笑ってやろうと思って再生してみたら、物凄く耳に馴染むメロディーが流れてきた。これ、「流山市民音頭」そっくりじゃね?と。(注:一般に「流山音頭」と呼ばれるが、厳密には「流山音頭(旧)」と「流山市民音頭(現)」は別の曲だったはずである。しかし僕も旧「流山音頭」のほうは聞いたことがない)。



昔は流山市の公式サイトで生のMP3ファイルを公開していた気がするのだが、見つからなかったので個人による盆踊りの録画を紹介。

個人的に強く感じたそっくりポイント

  • 前奏の時点でなんとなく似ている。
  • 歌い出しの部分が、流山の「醸す味醂の~」の部分とよく似ている。
  • 「ソレ!」「サァサ」の合いの手がそっくり。


流山市民音頭の作曲者は、市のサイトによると山路進一とのことだが、アンブレラ音頭についての詳細は不明。少なくとも「"アンブレラ音頭" 山路進一」でぐぐっても何も出なかったのだが、茨城県高萩市の市歌を作曲していたという情報は得られたので、この手のご当地ソングには縁が強そうな方のようだ(そもそも「アンブレラ音頭」自体が俗称で、正式な曲名がありそうな気がするのだがどうだろうか)。

以上、取り急ぎ記事にした。何かまた情報が得られたら更新する。

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 【かけるのブログ】. all rights reserved.