FC2ブログ
本とゲームのレビューと雑文が中心。

ドラゴンクエスト3の思い出
先日31周年だったということもあり、思い出を語りたくなった。

僕がドラゴンクエスト3(以下「DQ3」、他シリーズも同様に略す)を手に入れたのは、90年代のはじめ頃だったと思う。リアルタイムでの大騒ぎは覚えていない。シリーズとしては、既に2と4を買ってもらっていた後であった。2も4もこの時点ではクリアしていない。前者は復活の呪文の書き取りミス、後者は度重なるデータ消去によってプレイする意欲が亡くなっていた。中途半端で投げ出していたのによくぞ買ってくれたものだと今になって思うのだが、そもそも両親はゲームのことには全然詳しくなかったから、既に遊び終えたと思っていたのかも知れない。

弟と一緒にプレイしていた。つまみ食いとはいえシリーズの基本はわかっているので、最初のうちはあまり苦労せずに進む。色々なメンバーを試したと思うが、最終的には勇者(弟の名前)・戦士(僕の名前)・僧侶(デフォルトの「アラン」)・商人(弟の友人の名前)のパーティでアリアハンを脱出するに至った。その後は順調に進み、ダーマの神殿で僧侶を賢者に、商人を僧侶に転職させる(このキャラについては、最終的に商人→僧侶→魔法使い→戦士と半端なタイミングで転職を繰り返している)。

船を手に入れて(考えてみればシリーズで船を取るまで進めたのは初めてだったかも)一気に世界が広がる。次の目的は最後の鍵とオーブ集め!最後の鍵のヒントである「浅瀬」と「乾きの壺」。このうち、浅瀬の方は割とあっさり発見した。アリアハンから真南に進むと、いかにも怪しい地形があったことを覚えていたのだ。しかし乾きの壺にやや苦戦。場所はわかっていたのだが倉庫番の謎解きに苦戦した(当時、全く馴染みのないパズルだったので)。

さっそく牢屋の鍵を開けて回る。初めてのオーブはグリーンオーブ。サマンオサへの扉も開けて、ボストロールを倒して変化の杖を手に入れる。しかし、そこから先はしばらく止まってしまっていた。

レッドオーブ:海賊のアジトは見つけたが、地下室には気づかずにレッドオーブを取り逃していた。石を動かしたあとにさらに調べるというのに気づかなかった。

ブルーオーブ:ランシールには辿り着いたが、神殿に気づかなかったので地球のへそに入る方法がわからなかった(空路で侵入するものとばかり思っていた)

パープルオーブ:やまたのおろちは倒したのだが、逃げた先で追撃するという発想に至らなかったか、あるいは味方を回復しに戻ったりしているうちにすっかり忘れてしまっていた。

シルバーオーブ:変化の杖は見つけたが、グリンラッドの老人が見つからなかった。どこまでも広がる草原エリアのどこに家があるかわからなかったのである。何らかのアイテムや条件が必要なものと勘違いして放置してしまった。

イエローオーブ:上記のオーブを取っていないので、そもそも商人の町はさっぱり発展しなかった。

なんだかんだで1年以上も詰まっていたような気がする。データが消えなかったのは幸いかも知れない。もちろんこの間は、DQ3ばかりをやっていたわけではない。この間にDQ5が発売され、確かそっちのほうを先にクリアしていた覚えすらある。

転機は高学年になってからだと思う。クラスの友人とドラクエの話題になり、3で詰まっていることを伝えたらヒントを教えてくれた。攻略本(今となっては幻の非公式本「謎の魔王をやっつけろ」である!後にその友人の転校をきっかけに譲り受けることになり、今も大切に持っている)を貸してくれたりもした。おかげでさくさくと先に進む。もともと詰まり気味だったのでレベルは高めになっていたのだ。ゾーマにはベホマが効くという秘義すら教えてもらっていたので、謎解きにも戦闘にもさして苦労せずにエンディングを迎えてしまった。

例の攻略本では、公式本で伏せられていた終盤の謎解きも網羅していた。感慨もへったくれもあったものではないが、そもそも僕は当時DQ1・2をまともにプレイしていないこともあり、ヒント頼みとはいえ2年越しでクリアできた感動のほうが大きかったのである。同世代のゲーム好きの友人の多くがシリーズ最高傑作と評価していたような気がする本作を最後までプレイしたことで、話題に乗れるようになったのも嬉しかった。

その後はリメイク版のDQ1・2をプレイ。1はあっさりクリアできたが、2のほうはレベル上げに苦戦しているうちにデータが消滅(その後何度も消えまくった、ここまで消えたという報告は他所では聞かないので、たまたまバックアップ電池かメモリか配線が弱いカセットに当たってしまったのだろうか)し、結局今に至るまでリメイク版の2はクリアしていない。その後はDQ6をほぼリアルタイムでプレイし、中学に上がってからリメイク版DQ3をたっぷり味わい尽くし、かつて挫折したDQ4やファミコン版DQ1及びDQ2にも手を出し、DQMをしゃぶりつくし、散々待たされたDQ7に失望してしばらくシリーズから遠ざかっていた。その後DQ9で久々に本編を手に取り、DQ8とDQ11は未だに未プレイだがそのうちやる予定。

以上、まとまりはないがせっかくだから書き残したくなったので。例によって、何か思い出したら適当に追記。

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 【かけるのブログ】. all rights reserved.