FC2ブログ
本とゲームのレビューと雑文が中心。

Androidスマートフォンの隠しフォルダの扱いについて
フォルダの先頭にピリオドを付ける(例:「.新しいフォルダ」)と、そのフォルダは隠しフォルダ扱いになり、ファイル管理ソフトの対象外になるというが…
僕は気に入ったサイト(既に公開停止したところもあれば、そうでない場合もある)はHTMLや画像などを丸ごと保存しており、PCはもちろんスマホのSDカードにも入れて、見たい時に楽しんでいる。

しかし、その場合に地味に厄介になるのは画像の扱い。Android標準のファイル管理ソフトでは、SDカード内に保存した全ての画像をフォルダに関係なく表示してしまうのだ。HTMLとともに保存した膨大な画像ファイルが表示されてしまうと、内蔵カメラで撮影した画像などを参照しにくくなってしまう。

調べてみると、フォルダ名の先頭にピリオドを付けると隠しフォルダ扱いになる(標準のファイル管理からの表示の対象外になる)という情報を得て、HTML等を保存しているフォルダの先頭にピリオドを付けて「.HTML」としてみた。しかし、相変わらずファイル管理には「.HTML」内の画像が表示され続けている。OSのバージョンによるのかも知れないと、仕方なく諦めていた。

しかし、ふと気づいた。最近保存したサイトの画像はファイル管理に表示されていないのだ。ここで推理してみる。「フォルダ名を変更して隠しフォルダ扱いにしても、既にそのフォルダに存在していたファイルは隠しファイルにはならないのでは?」と。試しに、既存の画像ファイルの入ったフォルダを一旦削除してから入れ直すと、予想通りその画像はファイル管理ソフトから表示されなくなった!

これに気づいたら大整理である。隠しフォルダ上のファイルを、一旦PC上に移して(切り取り→貼り付けが良い)から入れ直す。見事にファイル管理画面はきれいになった。それでいて画像自体が消えているわけでもない。しっかり隠しフォルダとして機能しているというわけだ。

以上、なんということはないかも知れないが、長いこと気付けなかった(かつ、調べても出なかった)ことなので、誰かしらの役に立てば良いと思って書き残しておく。

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 【かけるのブログ】. all rights reserved.