FC2ブログ
本とゲームのレビューと雑文が中心。

砂糖入り麦茶の、ほろ苦い思い出
小さい頃に経験したちょっとした事件。季節外れだけど夏の話。
僕は麦茶を愛飲している。特に夏場は麦茶を欠かさない。わざわざペットボトルを買ったりはせず、お得用のティーパックを買ってきて水道水で水出しで作る(煮出してもいいのだが、やはり極力手間を掛けずに作れるのが魅力だ)。朝起きたときや、暑い野外から帰ってきた時、あるいは風呂上がりに飲む一杯はたまらない。

とりわけ、小さい頃はコーヒーや緑茶が苦くてあまり飲めず、かといってジュースやコーラ等の甘みは(特に夏場には)しつこいと感じるときもある。苦くも甘くもなく、水道水のカルキ臭も緩和されている、純粋に喉の渇きを癒せる麦茶というのは重宝する存在であった。家族の中で一番飲んでいたような気がする。この記事のタイトルには「砂糖入り麦茶」とあるが、そういう飲み方が存在するとは夢にも思わなかった。そう、あの日までは。

夏の暑い日だったと思う。お祭りの日だったような気がする。どういう経緯か忘れたが、近所のおばさん(友達の母だったかも知れないし、そうでなかったかも知れない)が、その場(野外だったはず)にいた子供たちに冷たい麦茶を差し入れてくれた。もちろん僕たちは大喜びで飲んだ。が、麦茶と思って飲んだそれは全く別の味がした。麦茶だと思い込んで口に入れたのに、全く異なる味がしたのである。脳は混乱をきたし、口に入れた麦茶らしきものをその場に吐いてしまった。

聞くところによると、麦茶に砂糖を入れたものだという。「なんで砂糖なんか入れるの!」と叫んでしまったような記憶もある。後にわかったのだが、麦茶に砂糖を入れて飲む地域・家庭は少なくないようで、思い出の味・家庭の味としての郷愁をもたらすものでもあるという。しかし、当時の僕にとっては完全に未知の味だった。

「砂糖入り麦茶」という存在を、知った上で飲んだのであればおそらく違和感無く飲めたのだろう。当時から「午後の紅茶」のストレート(砂糖入り)は販売されていて飲んだこともあるので、砂糖入り麦茶もそれに近いものとした飲めたと思う。吐いてしまったのは、予想する味(甘くない麦茶)と実際の味(甘い麦茶)のギャップによるものだと今なら分析できる。

おそらくただの麦茶ではなく砂糖を入れたものを出してくれたのは、そのおばさんの心遣いだったのだろう。非常に失礼なことをしてしまったと今ならわかる。しかし当時の僕は「変なものを飲まされてしまった!」という怒りの感情しかなく、しばらく周囲に「麦茶に砂糖を入れるなんて!」という主張をぶちまけていたような気がする。結局、失礼な態度をとってしまったと気づくのはかなり後であり、謝る機会すらなかった。そもそも誰が出してくれたのかさえ覚えていない。

実は未だに砂糖入り麦茶をまともに飲んだことは無いのだが、今でもたまに当時のほろ苦い記憶を思い出すのである。

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

自分も麦茶を良く飲む家庭だったんですけど
母が近所の人かテレビかなんかに影響されたのか
唐突にいつもの麦茶に砂糖を入れた事があって未知の味に飲めなかった事がありますね
その時自分も「なんで砂糖なんて入れたの!」と怒ってた記憶があります

結局家族全員からも不評で砂糖麦茶はそれっきりだったんですけど

なんとも共感できるエピソードだったのでコメントさせていただきました
  | URL | 2018/12/19/Wed 20:59 [編集]
麦茶というのは焙煎した実の煮汁なので、言ってみればコーヒーに近いんですよね。
そう考えると甘みを付けるのは決して悪くないような気も。
濃い麦茶に牛乳を注いでカフェオレ風にする飲み方なんてのも試したことがあります。まずくはないが敢えてやるほどでもないという感想。
かける | URL | 2018/12/21/Fri 23:09 [編集]
トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 【かけるのブログ】. all rights reserved.