FC2ブログ
本とゲームのレビューと雑文が中心。

HGSS:タンバシティでメノクラゲをもらうイベント
ポケモン金銀のリメイクである「ハートゴールド・ソウルシルバー」における隠しイベント(?)について。
条件としては「手持ちが1匹のみで、ボックス内にポケモンが1匹もいない」こと。この状態でタンバシティのポケモンセンターの入口付近にいる男に話しかけると、ポケモンを1匹も持っていないことを哀れんでメノクラゲを分けてくれる。イベント自体は何度でも起こせる。極端な話、目の前でメノクラゲを逃しても再びもらうことができる。

ポイントは、育て屋およびポケウォーカーのポケモンはノーカウントであるという点。例えばオーダイル・オニドリル(ひきゃく)・トゲピー・ウソッキーというパーティを組んでいた場合、育て屋にオーダイルとウソッキーを預けて、ポケウォーカーにトゲピーを送り出せば条件を満たすことができる。あとはひきゃくでタンバに飛べば受け取りに行ける。基本的には脱出不可の状態を解決するための救済措置なのだろうが、最後に残ったポケモンが波乗りや空を飛ぶ等を覚えていても受け取ることができる。

(余談だが、預けた後に所持ポケモンが1匹のみになる場合は育て屋に預けることができなくなる。ポケウォーカーへの送り出しは可能なので、上記を再現する場合は必ず先に育て屋に預けておくこと)

もらえるメノクラゲはLv15。性格や個体値はランダム(シンクロも無効)。親は自分になる(というかニックネームを付けるかどうか聞いてくる)。トレーナーメモは「タンバシティで出会った」であり、野生と変わらない。タンバに着いた時点で既に秘伝マシン03(波乗り)は必ず所持しているので、これを覚えさせることでタンバからの脱出が可能。とはいえ野生ポケモンのレベルも高いので、メノクラゲのみで突破するのはセーブ&リセットを駆使しないと難しい。ボールがあるのならば高レベルのメノクラゲを随時捕獲して先頭を入れ替えるという手が使える。

基本的には自力救済のためというよりは、手持ちを2匹にすることで通信交換を可能にするためだと思われる。本作では手持ちが1匹しかいない場合は通信交換ができない(なお、少なくともリメイク以前の金銀および初代では1匹でも可能である)。そもそも、秘伝技を覚えたポケモンがその1匹のみの場合は逃がせない(心配で戻ってくる)仕様があるので、本当の意味での救済措置として機能しているかどうかは怪しい。

上記のように計画的にプレイしていれば、通常プレイでタンバに着いた時点でも、ポケモンを逃がすことなく意図的に1匹のみの状態を作り出すことができ、メノクラゲをただで受け取ることができる。攻略上の利用価値は非常に低いのだが、例えばシンクロ要員がいない状態で任意の性格のメノクラゲを入手したい場合、少なくとも普通に野生で捕獲するよりは効率的なはずである。何よりマイナーイベントなので、プレイ動画などでさらっと披露すると一目置かれる…かも知れない。

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 【かけるのブログ】. all rights reserved.