FC2ブログ
本とゲームのレビューと雑文が中心。

方言としての「おやじ」という言葉
九十九里のほうで生まれ育った祖父母が使う言葉。
祖父母は「おやじ」という語を「夫」という意味で使用する。
例えば「よし子ちゃんのおやじ」と言った場合は、「よし子の夫」を意味する
決して「よし子の父親」という意味にはならない。
(注:よし子は仮名)

標準語では「親父(おやじ)」という語は「父親」あるいは「中年男性」といった意味で使用するが、祖父母の場合はそれらの意味では使わない。
子供がいなくても、まだ若くても、夫であれば「おやじ」である。
また、標準語の「親父(おやじ)」はやや粗野な男言葉という印象があるが、祖母も当たり前のように使用する。
ただし、あくまで「第三者の夫」についてこう呼ぶので、自分の夫のことを「おやじ」と呼ぶことはない
(「お父さん」あるいは「おじいちゃん」と呼ぶことはある)。

祖父母と同居するようになってから気づいた方言で、僕は当然「父親」の意味かと思っていたので最初のうちは会話が噛み合わなかった。
どの程度使われているものか気になって「おやじ 夫 方言」などで検索しても、元が一般的過ぎる単語のためかいまいち要領を得ない。
十津川言葉」なんてページが出てきたが、そちらでは「父親」という意味でも使うようだ。
「おやじ」そのものは標準語の語彙でもあるので、当事者としては方言意識が薄いのかも知れない。

まとまりのない記事だが、なんとなく気になったのでブログに載せておく。

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 【かけるのブログ】. all rights reserved.