本とゲームのレビューと雑文が中心。

初代ポケモンVC:チェックしたいポイント
本作の仕様がどうなっているのか、チェックポイントになりそうなところを自分なりにピックアップ。


「ひっかく」のPP


オリジナル版ではPPは35だが、初期の攻略本では30になっていた。あろうことかポケスタ金銀のジョバンニ先生ですら間違えてた節がある(前作と効果が変わっていないにも関わらず、変わっていたかのような説明がなされた)。ヒトカゲを選べばゲーム開始直後に判明するが、もし30になっていたら大事である。その場合、技に関する仕様は、初期の攻略本の誤表記の方に合わせられている可能性が高い。

「おまちどうさま」?


ポケモンセンターで回復した後のセリフである。オリジナル版では上の通りだが、よく考えてみると誤りに気付くはずだ。実際、金銀以降は「おまちどおさま」に改められている。

いくらオリジナルを尊重するにしても、単純な日本語の間違いは教育上良くないし、何より恥ずかしい。個人的には修正しても良いというかぜひ修正して欲しい項目である。

誤った情報


タマムシデパートの屋上で、飲み物と引き替えに技マシンをくれる女の子。トライアタックには麻痺、岩雪崩には気絶(怯み?)の追加効果があるかのような発言をするが、実際には初代においては存在しない。技の設定の方をいじるのか、セリフの方をいじるのか、あるいはどっちもそのままか。

参考までに、ピカ版では追加効果に関するくだりは削除されている。移植の際に一律でピカ版に合わせるというのはそれなりにスマートな解決法ではなかろうか。個人的にはオリジナル尊重よりは、設定を残した上でセリフのほうを変更して欲しいところ。

大人の事情あれこれ


金銀およびリメイク版以降に見られた以下の変更点。まずはトレーナーのクラス名から見ていこう。

  • ボーイスカウト→キャンプボーイ
  • ガールスカウト→ピクニックガール
  • ジプシージャグラー→ジャグラー

上の2つについては、元々が固有名詞であって特定の団体を意味するために自粛したものと思われる。とはいえ、貶めるニュアンスでも無い限りは使っても問題は無いはずである。実際に固有名詞や商標名を取り入れているゲームも多い。オリジナルのまま出すことも不可能ではないはずだ。

ジプシーのほうはややデリケートな領域になるが、ロマ民族の蔑称ではなく、より広義の放浪民族・放浪者という意味では今でも問題なく使われている部分があるから難しい(例えばDQ4ではリメイクでもそのままだったはずだし)。まあいずれにしても、個人的にはオリジナルが望ましいけど変更もやむなしといったところか。

あとはエリカのセリフのジェンダー関連が手を入れられそうなところか。下ネタ(のようにも読める)セリフについては従来通りそのままだろう。あ、初代ではそもそも金の玉おじさんはいませんからね^^;

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 【かけるのブログ】. all rights reserved.