本とゲームのレビューと雑文が中心。

緊急!初代ポケモンVC配信決定!!
ポケモンの新作情報にはさっぱり興味なくなってたけど、こういう形で来るとはね!


公式ツイートより。




予想あれこれ


バーチャルコンソールというのは一見するとエミュレートしているだけだが、実際はプログラムを組み直しているという話をどこかで見た覚えがある。ポケモンにおいても例外ではないだろう。例えばワイヤレス通信対応というのがまさにそれで、仮にそのまま移植したのであればまず不可能だっただろう(というか、誰もが望んでいた初代VCがこれほど遅れたのは通信関係の対応が難しいからであり、今回それが解決したから満を持して発表なのだろう)。

グラフィックやメッセージ、ポケモンの出現テーブルなどは当然各バージョンに合わせるだろうが、一部の仕様は後発であるピカ版に合わせてくる可能性が高い。具体的にはマックスアップの販売(これは青版からだが)や、通信対戦のコロシアム2(吹雪の凍結率ダウン、公式ルールを適用できる)あたりは全バージョンに入れてくると予想している。細かいところでは「所持金500円未満でもサファリに入れる」などの配慮も入れてくるだろうと思う。

当然ながらバグ技の類も一掃である。特にデータに甚大な影響を与えかねないカーソル入れ替え系は完全に潰して来るだろう。後発のバージョンを見る限り波乗りで段差越えも不可能になると見て良い。微妙なラインは人形供養あたりか。明らかなイベントの不整合(アジトのロケット団放置)が発生するとはいえ大きな害はないし、マリオシリーズなどの例を見ると危険ではないバグは敢えて残している部分がある。

ところで最近発見されたバグに「いくつかの隠しアイテム取得フラグが共有されて1箇所で取ると他も消える、しかしグレン研究員に化石を見せることでそれら隠しアイテムが復活する」現象というのがある。長らく気付かれなかったバグで、プログラムのミスによるフラグの不可解な消失と再発生が起こるというもの。1からプログラムを組みなおすのであれば当然発生し得ない。地味なところだが、これが残っているか否かで、VCのプログラムがどうなっているのかの一旦を垣間見ることができるのではないか?

気になるのはバグとも仕様とも言い切れない技の効果である。これも最近発見されたがカウンターの複雑な効果など。個人的には破壊光線の反動カウンターだけは潰して欲しくないと思っているのだがどう出るか。

<追記>
2DSバンドル版を買うとミュウをプレゼントか。少なくともポケモンや技をいじる類のバグ技はまず潰されていると見て良さそうだな。それにしても「交換」とは、昔のイベントみたいに手動で交換するのかな。

要望あれこれ


まず本編のゲームバランスはいじらないで欲しい。吹雪の仕様もそのままが良い。だいたい移植というのは当時を懐かしむプレイヤーのために存在するのであり、気に入らない部分があればリメイクで解決すべき事項である。吹雪の凍結率も、とどめを刺した破壊光線の無反動も、初代のプレイヤーには思い出深い仕様なのである。

今後の展開について。まず遅かれ早かれ金銀クリスタルのVCも対応するだろう。こちらはモバイル関係をどう再現するか、また金銀側にも入れるべきか否かがちょっと判断に迷いそうだが、技術的にはさほど問題なく移植は可能だろう。

現在のプレイヤーの志向に合わせたユーティリティも気になる。具体的にはポケモンの管理ツールの類。スタジアムシリーズの移植もそれはそれで問題がありそうなので独立したソフトにするか。また、それを使って何らかの形での現行世代とのやり取りはどうなるのだろうか(このへんで言いたいことは、ちょうど前回の記事に書いたのでそちらも参照)。

Wi-Fi通信には対応するのか。ミュウなどのポケモン配布はあるのか。公式大会は開催されるのか。など気になることは多いのだが、VCはリリース後のアップデートも可能なので、機能の追加には要望を見つつ対応していく形だろう。あまり焦らずに見守っていきたいところだ。

予想としては有料DLCとして倍速機能(ドードー・ドードリオGB)や、データ管理ツールが発売されるんじゃないかと思っている。4本同時購入のサービスありで。

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

懐かしさはかなり重視される気がするから
ピカチュウ版に仕様合わせるより
それぞれ別仕様になりそうじゃね?
ナナシの実 | URL | 2015/11/14/Sat 01:18 [編集]
後のシリーズほど後発バージョンの仕様が異なるというわけではないので。
特にサファリの件なんて、仮に手を入れても気付かない人が大半だろうし。
かける | URL | 2015/11/14/Sat 09:50 [編集]
トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 【かけるのブログ】. all rights reserved.