本とゲームのレビューと雑文が中心。

ポケモン:GB版とGBA版の連動は可能だったのか?
今さらながら古い話を蒸し返してみる。twitterなどでつぶやいた話題。
そもそも通信とは何か。少なくともゲームソフトの通信に関しては、簡単に言えば「一方のデータを読み取り、それによってもう一方に何らかの影響を与えること」である。例えばポケモンの交換であれば「送り手のポケモンのデータを読みとって受け手に書き込み、送り手側のポケモンのデータを削除する」という過程を相互に行うことを意味する。つまり、媒体に記録されたデータの読み込みと書き込みを行う手段があれば通信は成立するのである。

GB版とGBA版の通信が出来ない理由としては一般的には「技術的な問題」と説明されている。確かにゲームボーイ本体とゲームボーイアドバンス本体を、通信ケーブルで繋ぐという形においては確かにそうなのだろう。しかしこの説明だけで納得するのは、仮にもポケモンシリーズのファンとしては失格である。なぜって?ゲームボーイソフトとニンテンドー64ソフトの通信は可能だったじゃないか!

全く異なる規格のデータを相互にやり取りさせるためには、仲介するハードウェアとソフトウェアが必要である。逆に言えば仲介さえ出来ればデータのやり取りは可能なのである。上記の例であれば、ニンテンドー64本体と64GBパック、そしてポケモンスタジアムのソフトが該当する。これらの仲立ちによって片方のデータを読み込んでもう片方に書き込むといったやりとりが可能になるというわけだ。

GBとGBAの間ではそのような環境が用意されなかったのはなぜか。結論から言えば、単純に経営戦略の問題であろう。先の64GBパックで言えば、GBと64、すなわち携帯機と据置機を連動させるというビジョンそのものに意味があり、その嚆矢としてキラータイトルであるポケモンを真っ先に対応させたものだと容易に推測できる。後のゲームキューブにおいては、GBAケーブルを用いたよりスマートな連動を実現している。技術的には、何らかの周辺機器を通じて旧GBソフトとGCソフト、及びそれを経由してGBAソフトとの連動も不可能では無いはずだ。それをしなかったのは、今さら旧GBソフトと連動させても新作の販促にはならない、つまり採算が取れないと判断した結果に他ならない。

(ちなみに、GBAケーブルと64GBパックの最大の違いは、事前にソフト側で対応させる必要があるか否かである。GBAケーブルはGBAソフト側で仕様として用意された専用の通信モードを起動した上でデータをやり取りするが、64GBパックは64ソフト側から端子を通じて直接GBソフトにアクセスする。後者の場合、言ってみれば非公式の改造ツールのように、GBソフト側での仕様に関わらず強引にデータの読み書きができるはずだ。GCの場合、GBプレーヤーを使えばソフト次第で64GBパックのような連動も不可能ではないとは思うのだが具体的な仕様は知らないので深入りはしない。)

なお、技術的な問題とは別に、ゲームシステム上の理由から連動は不可能だとする人もいるが、彼らは「連動」の意味をあまりにも狭義に捉えすぎている。ポケモンをそのまま連れてくることだけが連動ではない。例えばNPCの使用ポケモンとしてパーティメンバーを登場させるとか(ちょうど「秘密基地」という都合のいい機能が追加されたし)、あるいはタマゴの状態でのみ交換を可能にしてマスクデータをうまく誤魔化す(実際、銀版のセレビィの図鑑では今後発売されうる次回作とのタマゴ交換を連想させる文言がある。データ構造の変更、あるいはチート対策として、新たな世代間通信の手法を模索していた一面はあると思う)という手もあっただろう。

ポケモンシリーズは何かと通信対戦が重視される傾向があり、過去作との連動も対戦絡みの文脈で語られることが多いが、データの連動による過去作との繋がりというのは決してそれだけのものではない。ポケモンで言えば『オメガルビー・アルファサファイア』において、『ルビー・サファイア』から各世代を経由してポケモンを連れてくると特別なイベントが発生するという。僕は当作をプレイしていないし当面はプレイする予定もないが素直に良いアイディアだと思う。データというのはプレイヤーの思い入れの塊である。今後もシリーズ展開は続くだろうが、過去作の扱いはどうすべきか。従来のようにポケモンを直接連れて行くことが可能であっても不可能であっても、慎重かつ柔軟な発想を期待する。

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

通りすがりです
こんにちは。
記事拝読させて頂きました。

一方通行とはいえ、GBAのルビーサファイアから現在の世代までポケモンを持ってこられるのは知らなかったです。ポケモンも粋な計らいをしますね。

採算の問題により、消費者が望むベストな形を実現できないのは悔しいですが、続編を出せなくなっても本末転倒というか、それも消費者にとっては良いことではないので難しいところですね。

次の更新も楽しみにしています。
ナフシグダー | URL | 2015/11/13/Fri 00:32 [編集]
トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 【かけるのブログ】. all rights reserved.