本とゲームのレビューと雑文が中心。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

RPGのアイテム名について:わざと間違えてみる
イースシリーズに「Talwarl」という名前の曲刀がある。作中の説明によると東方由来の武器らしい。
試しに検索にかけてみると、ヒットするのはイース関連サイトばかり。
検索ワードをカタカナの「タルワール」に変えてみると由来となった武器が表示された。インドの刀らしい。
インドといえば有名なダマスカス鋼(ダマスカスは加工場所)の原産地であるウーツがある国だ。
ゲーム内の説明通り切れ味がいいのもうなずける。ただし綴りは「Tulwar」で「Talwarl」では無いようだ。

イースの開発時は海外の武器に関する資料も少なく、単純にスタッフが綴りを間違えた、あるいは推測せざるを得なかったのかも知れない。
しかし、異国伝来の武器という特性を表現するために「敢えて綴りを間違えた」可能性も否定できない。
考えてもみて欲しい。いわゆる剣と魔法の世界のモチーフとなるような中近世の世界は、現代よりも遙かに情報に乏しく、そもそも識字率も低い時代。
武器の名前も人づてに口伝され、発音は次第に変化し、決まった綴りなど存在しなかっただろう。
武器屋のオヤジが適当な綴りをでっち上げても全くおかしくはない。

さらに古く有名な例は、アメリカ製のゲーム「Wizardly」の「MURASAMA BLADE」だろう。
ゲーム中、極めて高い攻撃力を有する異形の武器(他の武器は「?sowrd」のような不確定名だが、これは単に「?weapon」である)。
装備可能なクラスが「SAMURAI」だけというのもあって、作者のインタビューを待つまでもなく、日本刀をモチーフとしたことは明らかだ。
日本のファンの間では「村正」や「村雨」の間違いだというのが定説で、実際に日本版では「むらまさ」になっているが、本当に間違えただけなのだろうか。意図的に綴りを変えたという可能性は無いだろうか。

突き詰めると「ゲームにおけるアイテム名とは何なのか」という話になる。
主人公の認識(見た印象だったり、道具屋の説明だったり)なのか、対プレイヤーへのメタ説明なのか。
綴りの問題を持ち出すと、異世界なのに現実の言語や文字体系を当てはめられるのか、という話にもなってくる。

(続く、かも)



コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 【かけるのブログ】. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。