本とゲームのレビューと雑文が中心。

オートパーラーシオヤでハンバーガーを食す
レトロ自販機マニアには有名な、千葉県成田市の「オートパーラー シオヤ」に行って来た。
自分は特にレトロ自販機好きというわけでもないし、「グーテンバーガー」などのこの手のハンバーガーにも思い入れは無いのだが、たまたま近くにこういう店があると知ったので行ってみた。昨日(火曜)の夕方頃に入ったが、他に客の姿は無かった。

ネット上ではチーズバーガーのレポートばかりが見られるので、今回は普通のハンバーガーに。値段は同じ260円で、チーズバーガーが2枠に対してハンバーガーは1枠しか無いので、売れ筋はやはりチーズなんだろう。

sioya_150310_01.jpg

自販機やケースについてはネット上でいくらでも見られるので開封後の写真から。上のバンズの表面の一部が、包装紙に貼りついてしまっている。

sioya_150310_01.jpg

原材料表示がこちら(ついでに2015年3月時点での経過観察も兼ねて)。チーズバーガー(ネット上で確認)との違いはウスターソースとブイヨンが入っていること。チーズバーガーはケチャップのみなので、ソースとケチャップを混ぜてコンソメと味の素を少々加えた自家製のタレなんだろうか。なお「玉葱」については明らかにハンバーグの中に入っている。

ここで注意事項!ラベルの住所は間違っている。まず「香取郡下総町」というのは現在では成田市だし、名古屋1210という番地には閉鎖された建物があるだけ(旧店舗?)。現在の正しい住所は成田市猿山935-1、エネオスのガソリンスタンドの向いである。しかし住所が何年も更新されていない時点で原料表示の信憑性にも疑問符が付くのだが、ここはひとまず信じることにする。

食べた感想。まずバンズがちょっと硬い。これはおそらく冷蔵状態で保存しているものを丸ごと電子レンジにかけているから仕方ないと思うが。合い挽き肉のハンバーグは家庭的でおいしい。大手チェーンとも、コンビニで売ってるハンガーガーとも違う感じ。原料にもあるマスタードはごくあっさりとした感じ。パンチが欲しい人はタバスコ等を持ち込むといいかも知れない。

本当はチーズバーガーと食べ比べレポートをするべきだが、この時はそれほど腹が減ってなかったので。近いうちに再挑戦を予定。

関連レビュー:日本懐かし自販機大全(↓の本)


コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 【かけるのブログ】. all rights reserved.