本とゲームのレビューと雑文が中心。

【ポケモン】マサキの名字について
ポケモン預かりシステムのマサキのフルネームについて。まとまった資料が無かったので。
結論から言えばソネザキ マサキが設定としては正しい。初出は恐らく1996年4月初版の攻略本「ポケットモンスター図鑑」である。リンク先(当ブログのレビュー)にもあるように、設定資料集としての面も持った攻略本であり、他にもポケモンの生態をはじめ、オーキド博士の下の名前(ユキナリ)や、ポケモン学の祖であるニシノモリ教授といった名前など、後のゲームやアニメ・映画版に引き継がれている設定も多い。

--

一方、別の説として「木戸(キド)」なる名字が話題に出ることが稀にだがある。こちらのソースは1997年夏の「ポケモンワンダーランド」(当初は単発企画だが、実質の創刊号)である。「キドからソネザキに変更された」という人もいるが、カードゲーム自体のリリース(1996年10月)を考えても「ソネザキ」のほうが先だと思われる。

当の雑誌は現在は入手困難なので(一応Amazonのカタログにはあるんだけどね…)写真にて該当部分を引用する(四コマ漫画の柱)。



見てわかるとおり、設定と言うよりは元ネタばらしの与太話である。今までソース抜きの怪情報としてしか見たことの無かった人はこれですっきりしたかな?設定としてはともかく、開発中の時点でゲームとカードの企画が平行していたことを思わせる貴重な情報ではある。かの「サトシ」や「シゲル」でさえ主人公の名前候補のひとつであり、ゲーフリ社員の「アツコ」「アツシ」もモブキャラ扱いなのに、後のストーリーにも大きく関わる登場人物として扱われた木戸氏の存在は興味深い。


コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 【かけるのブログ】. all rights reserved.