本とゲームのレビューと雑文が中心。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ステマ騒動に思うこと
「シャフト」と「やらおん」に関する例のアレ。結論から言うと「単なるミス」だと思う。
概要についてはぐぐってみれば詳細がわかるだろうが、簡潔に説明すると
・アニメ製作会社「シャフト」の公式サイトにある商品リンクに、Amazonアソシエイトタグがついていた
・そのタグはまとめブログ「やらおん」のものと同じだった
・これは「シャフト」から「やらおん」への利益供与だ
・つまり「やらおん」における宣伝(ステルスマーケティング)に対する見返りだ!

…という事になって、アニメファンの間でちょっとした騒ぎになっている。
ただ自分の場合、冒頭にも書いたようにこれは担当者の単なるミスだと思う(シャフト側の見解通り)。

●そもそもアフィリエイトって何?


成功報酬広告のこと。Amazonの場合は「アソシエイトプログラム」と呼ばれる。プログラム参加者のIDが入った商品ページから商品を買うと、金額のごく一部が報酬として入ってくる。

一番シンプルな形だと、例えばこんな感じになる→商品情報

上記リンクにおける「?tag=kakeru084-22」の部分がアソシエイトIDが入ったタグであり、ブログ主である「かける」のアソシエイトリンクであることを示す。この部分を削除しても商品ページは同じ物が表示されることが確認できるだろう。

タグの入ったページから買い物をしていただけると、ブログ主に数%が報酬として入って来るという仕組みだ。Amazonから支払われる報酬なので、購入者が支払う金額は変わらない。また、購入者の個人情報がアソシエイト参加者に知られることもない。

Amazonとしては商品リンクを貼ってもらって得、プログラム参加者は報酬が入って得、購入者は欲しい商品に誘導してもらって得(これはページの作り方次第だが)となり、本来は三者三得となるシステムである。

●担当者のミスの可能性


さて、あなたがシャフトのWeb担当で、新商品へのリンクの作成を命じられたとしよう。複雑な商品名をAmazonで検索するのはちょっと面倒だなあ、と思った矢先、息抜きに見ていたブログに商品のリンクが貼ってあった。こりゃいいや!とばかりにそのリンクをクリックし、表示されたURLをコピーして貼り付けた。

…というのがブログ主が思い描いている実状。URLのどの部分がアソシエイトタグなのかは知らなければわからない。Web担当として必須の知識とも思えないし、商品リンクの作成などは誰でもできるレベルの作業である。何も知らない新人がやったとしても不思議ではない。

「アソシエイトのリンクはアカウントの持ち主でないと生成できない」等と書いている人を見たが、大嘘である。誰かのアソシエイトリンクを踏んだ次点で、その人のブラウザのURL欄にはアソシエイトURLが表示されているのだ。

●本当に密かな利益供与だとしたら


Amazonアソシエイトへのリンクを示すIDは、1つのアカウントで複数の異なるものを使い分けることができる。名前は(他の人と被らない限り)自由に付けられるので、外から見た場合は同一のアカウントとは気づかない。よって、こっそりと利益供与を行うなら、「やらおん」のものとは別のIDを使うはずだ

この件に関しては、当初から「シャフト」から「やらおん」に対するステルスマーケティングが存在し、その見返りとして今回のアソシエイトリンクだという話になっている。以前からつながりがあるとすれば、当初から「やらおん」の副ID(当然、外部からは「やらおん」との繋がりは見えない)を使ったリンクを行っていなければおかしいのである。

●まとめ


今回、柄にもなくブログにこんなことを書いたのは、アフィリエイトがなんたるか知りもしないくせに、憶測だけで叩いている人があまりにも目立ったから。多少なりともアフィリエイトに関わっている者として言いたいことは言っておきたかった。

アニメ会社とファンブログ(少なくとも表向きは)が、裏で繋がっている状況は健全とは言い難いのだが、かといって誤った知識からその結論を導き出すのはもっと間違っている。

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 【かけるのブログ】. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。