本とゲームのレビューと雑文が中心。

書評:MM9
本格SF怪獣小説。

現実世界とよく似ているが、科学の法則を無視した巨大怪獣がいる世界。現実における大災害や大規模テロは、この世界では怪獣の仕業ということになっている。怪獣は地震や台風などと同列の災害として扱われ、「MM(モンスター・マグニチュード)」という基準で表される。「気特対」こと気象庁特異生物対策部と自衛隊が人々を守るために立ち向かう!

最初のうちは、典型的な怪獣映画の設定にリアリティを与える小説かと思った。例えば、海上で発見した怪獣をわざわざ沿岸までおびき寄せるのは陸海空の火力を集中させるためだとか。緊迫感のある場面で、マスコミ向けに怪獣のネーミングを行う行為のギャップも面白い。

だが、話のスケールはどんどん大きくなっていく。ローファンタジー的な突発的存在かと思っていた怪獣だが、「多重宇宙原理」によって、ビッグバンを前提とした物理学とは異なる、神話時代の宇宙観に従って存在しているという説が語られ、一気にハードSFの味になる。

山本弘と怪獣というキーワードからは「空想科学読本」シリーズへの突っ込みが真っ先に思い浮かぶが、この小説は山本式の「空想科学大戦」なのかも知れない。現代的なSFの枠内で、なおかつ「科学の壁」を乗り越えて存在できるのが本作の怪獣達なのだ。余談だけど児童ポルノ規制への皮肉も入れているあたりも実に山本弘らしいと思った。

終盤、神話の知識を総動員して怪獣に迫るシーンが素晴らしい。こういう神話論だけでも1冊本が書けるんじゃないの?と思えるくらい。伏線も一気に回収されて、この記事の冒頭で説明した世界設定も丸ごとひっくり返る!ローファンタジー→ハードSFと来て、最終的にはメタフィクションに。読みながら自分の中で設定したジャンルを何度も塗り替えることになったのは、作者にしてやられたという感じ。

リンク:作者による解説ページ

実はブログ主は怪獣映画などの特撮ものをほとんど見たことがないので、筆者の言う「愛」が十分伝わってないような気がして少しもったいない気分。それでもすごく面白い小説だったけどね。

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 【かけるのブログ】. all rights reserved.