本とゲームのレビューと雑文が中心。

書評:戦前の少年犯罪
今まであまり目を向けられなかった、戦前の少年の凶悪犯罪をピックアップ。

昨今は少年犯罪の増加や凶悪化しているといった「神話」があるが、果たして事実なのか。昔は良かったというのは本当なのか。過去の記録や新聞・雑誌記事などから、戦前の少年犯罪の実態に迫る。

目の付けどころは良い。分野別に実例を紹介して、その解説をするというスタイルも読みやすくてよい。問題は、その解説部分に感情が篭りすぎていることだ。この人、よっぽど昨今の若者叩きとか権威主義を憎んでいるんだろうな。とにかく黒いエネルギーを感じて不快。おそらく同じような文章をネット上で見てもさほど気にならないんだろうが、活字になるだけでここまで醜いものになるとは。

また、現在の視点で過去の記事や記録を見るだけで、「こんなに酷い時代だった」と言い切るのは、現代の過剰報道に惑わされて体感治安を悪化させるのと同じ愚である。おそらくは皮肉のつもりではあるのだろうが面白くもなんともないし、しかも何度も繰り返されるので気分が悪くなる。やや話を広げて、ニート犯罪としての「2・26事件」とか、皇軍のコギャル化といった視点も面白いが、やはり気になるのは語り口だ。あとがきに見られる「自分以外はみんなバカ」的な言い回しも、挑発のつもりなのか本心なのか。

戦前の凶悪犯罪の発生率は現代の数倍とはいえ、絶対数で言えばやはり少ないのである。当事者でもない限りは治安の悪さとして実感はしないのだろう。今も昔も、日本は平和な国なのだ。

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 【かけるのブログ】. all rights reserved.