本とゲームのレビューと雑文が中心。

ゲームレビュー:モンスターハンター
今だからこそ、1作目(初代・無印)をレビューする。

ポータブル(P)から手を出し、フロンティア(F)にも足を突っ込んで、今更ながら原点に立ち返る。1作目特有の事象などについては知識としては知っていたが、やはり自分でプレイしないと実感もないだろう。1作目のレビューではあるが、どちらかといえば「1作目を通じて見えてきたシリーズの輪郭」と言った内容のレビューになった。

PS2をネットに繋ぐ環境が無いし、そもそも先月でサービスは終了しているのでオフラインプレイ専門となる。それでもわかったのは、やはりこのゲームはオンラインを前提に作られているということ。これはオフラインモードのボリュームの少なさといったレベルの話ではなく、ゲーム全体の設計思想だ。例えばクエストで無ければ外に出ることすらできなかったり、一時停止が存在しないのはマルチプレイヤー・オンラインゲームの仕様をそのままオフラインにも適用したものだろう。

また「チャットタイム」だと言わんばかりの空白の時間も多い。代表例はガノトトスの回遊や、リオレウスの旋回、ゲリョスの走り回りといったあたりだろう。「チャットタイム」という視点では、砥石や回復アイテム使用時の、一見すると無駄なモーションも、定型文を呼び出す時間と考えればちょうど良い。
(なお、画面越しのオンラインプレイの感覚はFをプレイしてようやく実感した。これはソロプレイや、Pシリーズの対面プレイだけではなかなか見えてこなかったことだ)

2年前に本作に初めて触れたとき、最初に気に入ったのは雰囲気だった。異世界ものでありながら、プレイヤーキャラが非常に地味で、あらゆる動作は無骨そのもの。(武器の重量さえ考慮しなければ)現実的な動きしかできない。声は出しても掛け声や悲鳴程度で、もちろん派手な魔法や必殺技なんか使うわけも無い。今思えば、オンラインで各々のプレイヤーが「自分のキャラ」を作れるように、敢えて色を出さないようにしているのだろう。ケレン味たっぷりのゲームに食傷気味な、自分のような古いゲーマーにとってはそれ自体が心地良かったが。

上で挙げた要素は何も1作目に限ったことではなくシリーズに共通していること。第二世代(ドス、P2)までのモンスターハンターは拡張路線なので、1作目に含まれる要素の全ては以降の作品にも含まれている。よって1作目独自の要素は、わずかな数値やシステムの違いのみなのだが、シリーズのファンを名乗るならばそのわずかな違いのためにプレイしても損は無いはず。

--

おまけ:気づいたことメモ(テキストファイル)

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 【かけるのブログ】. all rights reserved.