本とゲームのレビューと雑文が中心。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

書評:ゲームマシンはデイジーデイジーの歌をうたうか
小野不由美によるゆるーいゲームエッセイ。

1990年代の中頃に雑誌「ザ・スーパーファミコン」に連載されたエッセイコラム。イラストは水玉螢之丞。エッセイのイラストと言うよりは、単独のイラスト記事が別個に掲載されているといったものだ。内容とあまり関係ないが、表紙のイラストの自由さは見ていて楽しい。

エッセイ自体は何気ないものばかり。ゲームについて思うことや自分のプレイスタイルの紹介、あるいは友人との間で流行っているゲームなど、本当にたわいもない記事が続く。扱うゲームは幅広い(掲載紙はともかく、SFCソフトに限らない)。

小野さんの小説のファンなら、エッセイの中に作品と関連する部分を見つけて楽しめるかも?ブログ主は「屍鬼」しか読んでないが、悪魔城ドラキュラの主人公について妄想する件に「屍鬼」の原型を感じた。

当時のゲームに親しんでいた世代なら、共感したりして懐かしい気分に浸れること間違いなし。

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 【かけるのブログ】. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。