本とゲームのレビューと雑文が中心。

書評:モンスターハンター ハンター職業安定書
モンスターハンターの1作目(初代、無印)を対象とした、ひと味変わった攻略本。


ブログ主はモンスターハンターはポータブルシリーズとフロンティアを少しやった程度で、1作目に関しては全く触れていない。だから攻略目的ではなく、1作目を知るための読み物として本書を購入してみた。

攻略本だが、具体的なアイテムのデータだとか、モンスターの耐性値などといった数値的なことはほとんど載っていない。武器ごとの基本的な戦い方や、プレイスタイルの指南にかなりのページを割いているのが特徴。

今になって読むと、良い意味で洗練されていない感じが面白い。モンスターハンターというゲームそのものの黎明期であるのはもちろん、ゲーム内の世界の目線で読んでも、まだ狩猟技術自体が洗練されていない荒削りなハンター達の間での情報交換という感じがするのだ。実際、攻略コラムが「ハンターのクエストレポート」等という形で書かれている。

「万能型」「飛竜戦特化型」「専守防衛型」など15種類に分けたタイプ別に、パーティ内での立ち回りや武器の武器の推奨強化ルートを紹介したり、各フィールドにおける目的別素材回収の手順を解説したり、極めつけはパーティ戦におけるフォーメーションの組み方など、後の作品の攻略本では想像しにくような記事が並ぶ。

1作目ではアイテムボックスにアイテムが100枠、装備品が64個までしか入らなかったので、プレイヤー1キャラに出来ることが限られていたのではないだろうか。近作と比べるとボリュームは少なくて不便な時代だったろうけど、その不便さを楽しめる時代だったのかも知れない。

武器や防具の素材で、オンラインモードでしか手に入らないものは「???」表記となっているが、これは今から無印を始めようという物好きな人にはかえって便利かも知れない(2011年6月いっぱいでPS2版のオンラインサービスが終了)。それ以外でも基本的に初心者向きの内容で、オフラインやオンラインの序盤が主な攻略対象だ。

1作目をプレイするつもりがなくても、シリーズのファンなら読んでおいて損は無いと思う。原点に回帰する必要はないが、知識として知っておくのは悪くない。

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 【かけるのブログ】. all rights reserved.