本とゲームのレビューと雑文が中心。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハードレビュー:Hellfencer(BSGPCP1202RD)
バッファロー製のPC用ゲームコントローラ(BSGPCP1202シリーズ)。モンスターハンターフロンティア用に購入。


数あるアナログパッドの中からこれを選んだのは、まず第一に値段。量販店で新品950円というのは同ジャンル中でダントツの安さだった。モンスターハンター(以下「MH」)用のコントローラにはPS2のものを流用するのがベストと聞いているが、現時点ではあいにくPS2自体を所持していない。しかも同じ店で売っていたPS2コンのコンバータよりも安い値段でこれが売られていた。

この製品はデビルメイクライの推奨品。ブログ主はプレイしたことが無いが、MHと同じカプコンによるPS2発のアクションゲームであることは知っている。形状もPS2コンと似ているし親和性は高そうだ。PSP式の操作方法による「モンハン持ち」はさすがにやりづらかったが、これはPS2コンでも同様だろう。一部ソフトで使えないらしい振動機能も、MHFでは問題なく動作。

グリップ部分が皮革調になっていて握り心地がいい。ボタンの押し心地も悪くない(やや感度が悪いような気がしたが、スペックや回線速度の問題かも知れない)。L2・R2ボタンが銃のトリガー風になっていて押しやすくて気に入った。ただ、MHFのクラシック操作だとL1・R1との押し分けが若干やりづらいかも知れない。

MHFで用いる場合、デフォルトの状態では右スティックの上下が効かない。ゲーム内のキー設定からアナログスティックの調整をする必要がある。携帯機タイプだと必要ないが、クラシックタイプでプレイする場合は要注意。

ただし十字キーの品質が悪い。右を押したときに内部で引っかかってしまうことがあり、連続での入力が出来なくなることがあった。MHでは戦闘中のアイテム選択などで大きな問題となってしまう。分解してみたら、十字キーのパーツの「バリ」が削り切れていないことが発覚。やすり掛けをしたら解決したが、中を開けてみると他にもIIIボタン(PSの「×ボタン」相当)やグリップ端のパーツにもバリが残っていたり、基板上にホットグルーのカスが残っていたりで雑な作業工程が目に浮かぶ。

検索してみたら、ボタンの異常は初期不良として無償交換してもらったという話が出てきた。そうかその手があったか。いつも中古やジャンクばかりだからメーカー修理という発想が無かった。自力で修理する場合はハンダ作業が必要なので一応注意。自分の手で修理すると愛着が沸くけれど保証外だからね。

950円という値段相応ではあったけれど、普通の値段で買うことを考えると素直にPS2のコントローラを使った方がいいと思う。少なくともMH用としては。

追記。4ヶ月ほど使っていたらとうとうアナログスティックが使い物にならなくなってしまった。やはり耐久性ではゲーム専用機のコントローラと雲泥の差がある模様。素直にPS2コンバータを使おう。

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 【かけるのブログ】. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。