本とゲームのレビューと雑文が中心。

ブックオフ「タッチでおトク」の使い方
ブックオフのクーポン券について。

注意:この記事に書かれているのは2011年8月28日以降に確認したもの。2015年3月を以て同サービスは終了している。あくまで当時の参考資料としてどうぞ。
現在のサービスに関する記事は→ポイントカードの上手な使い方


概要


現在、ブックオフは「タッチでお得なクーポン」を実施している。携帯電話を登録してポイントを貯め、クーポンに引き換えできるサービスである。文字通り、基本的には店頭の端末に「タッチ」するものだが、非対応の機種の場合でも、レシートの番号を打ち込むことで利用可能。

ただし「携帯のサービスに登録してます」と口頭で伝えないと、番号入りのレシートを発行してくれない場合がある。発行後でも頼めば番号入りレシートに交換してもらえるが二度手間になるので注意。

ごく一部の店舗ではサービスを行っていない。確認した限りでは千葉大学前店ではポイントの蓄積もクーポンの使用も不可だった。

ポイントの溜め方


ブックオフ各店で、本を買うか売るかするごとに1ポイント貯まる。金額にかかわらず(たとえ105円を1冊買っただけでも)1ポイント貯まる。同じ店では1日1回しか貯められない。階層ごとにレジが異なる場合でも不可。
(余談だが、Tカードよりさらに前の初期のカードでは「店舗別、レジごとに累計1000円お買い上げごとに50円サービス(同一店舗でもレジが違えば別カウント)」というルールだった)
ただし、同じ店舗で売却と購入を同時に行った場合は2点分溜めることが出来る。店を変えた場合も、1日あたり3点が上限となっている。

クーポンの使い方


上記のポイントを10点貯めると、「1dayサンクスパス」と引き換える事が出来る。ポイントが貯まったからといってすぐに引き換える必要はなく、11点以上も貯める事ができる。30点以上溜められたのを確認。

クーポンを使うと、その日1日に限り「ブックオフ全店で何回でも全商品10%オフ」の特典を受けられる(ゲーム機本体などの割引対象外あり)。この時、クーポンが表示されたページを画面メモしておくと便利である。

他のサービスやクーポンとの併用も可能。実際、店舗発行の100円引き券と、タイムセールと三重に利用できたことを確認。セールによっては「クーポンとの併用不可」となっている事もあるが、その場合も1dayサービスだけは使えるようだ(千葉おゆみ野店で確認)。

値引きの順は、店舗別のセール→1dayクーポン→定額割引クーポンの順で行われる。例えば本半額セールの日に、値札が500円の本を1dayと100円引きを併用して買った場合、
(500*0.5)*0.9-100=125円で購入可能。

さらに、クーポンを使用した買い物であっても、ポイントを貯める事が可能。おまけに「○円お買いあげごとにクーポンプレゼント」のキャンペーンをやっている場合、割引後の最終的な金額で条件を満たしていればちゃんとクーポンをもらえる。

賢い利用法



当たり前だが、安い買い物でポイントを貯め、高価な買い物で一気に使うのが基本。さらに店舗別セールの日に買い物でクーポンを使うとさらにお得。例えば100円コーナーに常時あるような有名コミック本などを集めるときは、一度に買わずにこまめに買うのが望ましい。家の近所や通勤・通学路にブックオフがあるなら非常に有利である。

また「クーポンによる買い物でもスタンプが貯まる」ことにも注目したい。クーポンが有効な1日の間に3件で買い物をすれば、あとは普通の買い物を7回するだけで次のクーポンが使える。

初期のカードの還元率は5%、前のTポイントカードの還元率はわずか1%だったことを考えると、現在のクーポン制度はかなりお得なシステムだと言える。賢く使って古本ライフを充実させよう。

おまけ:かつて店内BGMで流れていた、清水国明の「この場所で光を」を収録したCD。



コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 【かけるのブログ】. all rights reserved.