FC2ブログ
本とゲームのレビューと雑文が中心。

モンスターハンターシリーズの思い出
MHFのサービス終了発表を機に、僕のモンハン歴を振り返る。記憶整理も兼ねて思いついたままにだらだら語るので、読み物としてはいまいちかも。

メインサイトにおけるモンハン関連のコンテンツはこちらに。ここで語った内容はだいたいコンテンツ化している。

【ポケモン】ルビー・サファイアの「互換切り」を振り返りつつ第八世代に期待する
剣盾に全てのポケモンを連れていけないことを「互換切り」と呼ぶ風潮は嫌いだが、それはそれとして当時の状況を振り返る。

関連記事:
ポケモン:GB版とGBA版の連動は可能だったのか?
ルビー・サファイアという時代

なぜファミコン版(オリジナル版)のドラゴンクエストは配信されないのか?
国民的RPGであるドラゴンクエストシリーズだが、その初期作のオリジナル版をプレイする手段は、現在極めて限定されている。

RPGにおけるゲーム内情報の隠し方、その秀逸な例
「麻原の野望」という不謹慎ゲームに使われていた、目からウロコが落ちるほど凄いと思ったギミック。

ポケモンカードに見るデジタルとアナログの狭間
今年に入ってからポケモンカードで遊ぶ機会があり、その時に思ったこと。


↑本文とはあまり関係ないが、コンセプトが気に入った商品(ファミリーポケカの広告)。
最低限の対戦が可能な2デッキだけでなく、3デッキ入りってのがよく考えられてるなと。

ファミコンの『MOTHER』を語る
そろそろ30周年らしいので。基本的に最後までプレイした人が対象。あくまでファミコン版の話なので、GBAリメイクしか知らない人とは若干噛み合わないかも知れない。


レトロゲームとしてのポケモンシリーズの特異性
今回の記事はソースなしで、完全に主観だらけになる。あくまで思いつきの備忘録として。

任天堂の幻の脱衣ゲーム「ファッシネーション」を追う
あの横井軍平が手掛けた実写脱衣シューティング(!)について考察。

表記揺れ対策として「ファッシネイション (Fascination)」とも書いておくが、以下に紹介する書籍の原文ではすべて「ファッシネーション」である。

ドラゴンクエスト3の思い出
先日31周年だったということもあり、思い出を語りたくなった。


アサギのとうだいオフ(ポケモン)行ってきました
ブログでは初となるかも知れないオフレポ。
主催はおかしょーさん。ご自身によるレポートはこちら

asagi1.jpg
おかしょーさんによる直筆の名札!なんと全参加者分あり!
Copyright © 【かけるのブログ】. all rights reserved.